在宅生活を送る上での注意点|リハビリ通信vol24

更新日:2018年06月19日

高齢者が転倒をする場所で一番多いのは,道路等の屋外ではなく,実は自宅なのです.そしてその内訳として居間,食堂,廊下,トイレとなっています。
そこで転ばない為のおすすめのポイントを紹介していきたいと思います。

  1. 良い高さに物を置く
    背伸びする高い場所や,屈まないと取れない低い位置だと転倒の危険性があります.よく使う物は取り出しやすい場所にしておきましょう。
  2. 居間の整理で転倒を予防する
    先ほども書きましたが,居間で転倒をするケースが多い為,生活する時間が長い居間の整理を行いましょう.コードなどの線はまとめておき,極力物は床に置かないようにしましょう.

次回のリハビリ通信も在宅環境について御話ししていこうと思います!