ご挨拶

地域の皆様の在宅ケアを応援します。

花水木 施設長 友松栄二介護老人保健施設「花水木」は調布市の深大寺の北、三鷹市の南に接し、豊かな緑に囲まれた田園地帯にあります。窓辺からは春はウグイスのさえずりが聞かれ、秋ははるか富士の美しい夕焼けが見渡せます。

当施設は平成7年に開設され、あしかけ20年の歴史を数えます。介護老人保健施設の草分けのひとつです。調布市内はもとより多摩地区、23区内からも多くの方が利用されています。

介護老人保健施設は、居住型の特別養護老人ホームと異なり、医療・リハビリ・介護を統合した、入所サービスも含めた在宅生活支援のための包括的ケアサービス施設です。

病状が安定していて、入院や医療機関での治療の必要はないものの、 リハビリテーション、看護・介護を必要とされている方がいつまでも快適な在宅生活を送れますように支援を行うものです。

通所の利用者様はもちろん、入所の利用者様の在宅復帰を常に目指しております。
ある意味では病院と家庭の間を取り持つ中間施設と申せます。

当施設の特色は、150床の入所療養棟、30名の通所訓練(365日可能)の定員で、個別のケアプランに沿って、専門スタッフによる医療チェック、機能訓練、看護・介護、栄養管理・食事サービス、入浴サービス、レクリエーション、送迎、在宅ケア相談を展開しております。

花水木の平成29年度の標語は「いい笑顔 みんなで広める いい介護」としております。
介護に忙殺されて笑顔が消えることないように、常に利用者様の心に響くようなサービスの向上に努めて行きたいと心がけております。

皆様のご相談をお待ちしております。

介護老人保健施設 花水木
施設長 友松栄二